【コピペ用】さくらで常時SSL化する時の.htaccessの内容

さくらインターネットのレンタルサーバで、独自ドメインを使ってサイトを運用しているときは、無料で常時SSL化することができます。ドメインに依存せず汎用的に使える書き方があるので、備忘録(コピペ用)として記事にしておきます。

前提条件

まずは前提条件の確認。

  1. サイトがWordpressであれば、「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」が便利なのでそれを使う。(だからこの記事でやってる作業は不要)
  2. さくらインターネットのレンタルサーバを借りている。
  3. 独自ドメインを取得している。
  4. レンタルサーバに独自ドメインを割り当てている。
  5. 有料SSLまたは無料SSLを申し込んで設定が完了している。
  6. https://~でアクセスしてみて、SSLで問題なくサイトが利用できるか確認済み。

.htaccessファイルの作成について

windowsの場合は、「.htaccess」など、「.(ドット)」から始まるファイル名は作れません。なので、まずは「htaccess.txt」など普通のテキストファイルとして作成し、アップロード後に名前を変更します。

.htaccessファイルの内容

結論から言うとさくらインターネットの場合は、この書き方でドメインに依存せず、HTTPでアクセスがあったらHTTPSに転送されます。

一部のサイトでは、1行目「SetEnvIf…」の行が無いものがありますが、これが無いと無限ループになってブラウザで見た時エラーになります。

もし、1行目を追加してリダイレクトが無限ループになる場合は、1行目の「SetEnvIf…」を削除してください。

 

質問・コメントなどあればどうぞ